オリジナルカリキュラム

総合演習校外研修パリ研修

調理師や製菓衛生師の資格を取ることはもちろん、それぞれの将来をもしっかり見据えた教育システムはキタテクならでは。
食に関する知識を広げる「総合演習」、さらに即戦力を身につける「校外実習」、料理人としての感性を磨く「パリ研修」。
こうした独自のカリキュラムで、将来有望な人材の育成をめざしています。

食のプロとして専門性を高めるとともに、本校では社会人としての資質を磨くための総合演習を展開しています。これらは高度調理科と高度製菓衛生師科の2年次に 行われる授業で、茶道や生花といった日本の伝統からコーヒー、紅茶などの雑学まで、多彩な分野の知識を身につけられる内容になっています。さらに 飲食関係の仕事で持っていて損はないサービス接遇検定の講座もあり。どの教科も第一線の講師を招いて行っているので、広く深い知識を身につけられるはず。
校外研修とはプロの現場を体験する制度。在学中の一定期間、実際の職場で研修生として働くことができます。ホテルやレストラン、製菓店はもちろん、病院や 老人ホーム、保育園・幼稚園など、県内外問わず本人が希望する研修先にて実施。期間は1~2週間くらいが目安です。卒業後、ここで働きたいという店が具体 的に決まっているひとは、そこを研修先にするのがベストでしょう。ほとんどのお店が受け入れてくれるので、まずは担当の先生に相談してみよう。
日本を飛び出し、世界を体感!海外研修旅行

【スケジュール例】
1日目 学校出発、成田泊
2日目 出国手続きを済ませ空路でパリに到着
3日目 アランデュカスパリ校にて調理実習(調理系学生対象)
     青木定治シェフのラボを見学
     ルーブル美術館・チョコレート博物館を見学
4日目 ベルサイユを観光
     コルドンブルーにて製菓実習(製菓系学生対象)
     凱旋門見学・パリ市内でショッピング
5日目 フォンテーヌブロー見学
     ミシュランのレストランで昼食
6日目 ノートルダム寺院やオペラ座を見学
     市内観光後、夕方にパリ発
7日目 帰国 

【学生の声】
<研修先での実習について>
★鴨肉をまるごと使った経験はなかったので、まるごと使って一皿仕上げたのが印象的だった。
★自分は2年生になったら西洋料理を専攻したいと思っているので、本場フランスのシェフに教えてもらえた経験は財産になった。
★本場フランスの料理に触れてみて、改めて日本料理の繊細さを感じることができた。
<パリ観光について>
☆研修だけでなく、ベルサイユ宮殿やルーブル美術館など有名な観光名所も見学できてよかった。
☆本場でしか売っていないお菓子やお土産を買っていったら、家族が喜んでくれた。
☆海外へ行くのは初めてだったが、色んなものを見たり、聞いたり、食べたり・・・。とても良い経験になった。帰りの飛行機は爆睡だった。
☆一生の思い出になった。
☆パリの街並みがとてもきれい!写真をいっぱい撮ったよ! 
アラン・デュカス パリ校 [調理系学生研修先]
パリ市内観光&グルメ
コルドンブルー [製菓系学生研修先]

キタテクのモバイルサイトをCHECK!

電話でのお問い合わせ

0120-32-2105(受付時間/9:00~17:00)