\祝/ 第7回日本料理コンペティション新潟予選 優勝!

日本料理アカデミー主催
第7回 日本料理コンペティション 新潟会場予選大会

キタテク専任教員が優勝!

全国の料理人並びに調理師を対象に、日本料理の専門知識・技術の研鑽、職業人としての資質の向上、そしてJAPANブランドとしての日本料理の新しい価値創造への貢献を目的に、『第7回 日本料理コンペティション』を開催。(主催サイトより) 本校で日本料理を教える奥寺綾先生が出場しました。
今回のテーマは「食の華やぎ」。食材は、当日提示されるブラックボックス形式。テーマに準じた、3品(焚物、焼物、揚物など)の献立を考案し、調理しました。
奥寺先生は一昨年3位、昨年2位に続き、3度目のチャレンジで見事優勝を勝ち取りました!3月には京都にて決勝大会に出場します!

優  勝 奥寺 綾 先生
(北日本ハイテクニカルクッキングカレッジ専任教員)

「ブラックボックス形式の大会でしたので、なかなか思うように出来ず苦戦しましたが、
周りの皆さんのお陰でどうにか完成出来ました。
学生の頑張りを励みに決勝大会は精一杯頑張ります。」


=== 奥寺 綾 プロフィール ===

* 岩手県立盛岡第二高校卒

* 北日本ハイテクニカルクッキングカレッジ 高度調理科卒
* 北日本ハイテクニカルクッキングカレッジ 専任実習教員(日本料理、レストラン担当)

○取得資格/調理師、専門調理師、介護食指導員、製菓衛生師

キタテクでは、奥寺先生の他、全国規模の大会で入賞を果たした実績のある教員が数多くいます。常に学校にいる専任教員に実力があるからこそ、学生が出場するコンテストや大会にも強く、好成績を残しています。職員室に行けば、分野もさまざまなプロフェッショナルにいつでも質問ができたり、指導を受けたりすることができるのも、専任教員の日頃のスキルアップがあるからこそ!です。

   

メディアに取り上げられました!

岩手朝日テレビ『Jチャンネルいわて』内「ミルキクマナブ」のコーナー(9/24放送)
岩手日報 (9/18掲載)
岩手日報 『人』 (10/7掲載)
盛岡タイムス (9/15掲載)